知らなかった!美容師が教える抜け毛と日焼けの関係

MENU

日焼けを繰り返した頭皮の抜け毛への影響

 

頭皮が日焼けすると抜毛は増えます

 

日焼け

 

日焼けが慢性化することで目に見えない炎症状態になっています。細胞レベルで老化がすすんでいき抜け毛が進行していきます。
活性酸素が発生し皮膚の免疫力を低下させてしまいます

 

活性酸素って何?

 ストレスやタバコなどでも体内に大量に発生しすぎてしまう酸素です。これが大量に発生するから日焼けすると、シミ・シワができます。胃腸疾患やがんの原因にもなり抜け毛や白髪にも影響しています。

 

髪の毛が紫外線から頭皮を守ります

黒人の毛はなぜチリチリなのか?

 

チェック

 

赤道付近の紫外線の強い地域のために人類が危険を感じて環境に適応した結果という説

 

黒人の毛

縮れ毛で頭皮を紫外線から守る表面積を増やす

頭皮からの汗を蒸発させる

気化熱で冷やす

紫外線から頭皮を守る

 

 

日焼けは甘く見てはいけません

注目

美容師として色々なお客様と接して地肌の日焼けは薄毛の判断材料になります。
地肌が黒く日焼けしている人が必ずしも薄毛ではないが、薄毛の人の地肌は黒く日に焼けています。

 

髪の分け目はずっと同じにしてるとはげるのか?

 

抜毛を予防するための「頭皮の日焼け対策」

 

帽子をかぶる

 

地肌が当たらないこと

 

帽子

 

日差しが強いとわかりきってる時は直接頭皮が影響をうけないようにすることが大切です。
頭皮は髪の毛で保護されていますが、薄いところ・分け目などはダメージ受けてしまいます。

 

 

薄毛がきになる部分に塗るのが先決です。

 

 

 

 

日焼け止めを塗る

 

地肌にしっかり塗ること

 

日焼け止め

 

分け目・頭頂部・つむじなど日差しを直に受けそうな所だけでよいと思います。髪の毛があるとどうしても頭皮に塗りづらいですし、その後は丁寧に頭皮のシャンプーで日焼け止めを流さないといけません。

 

もし赤くなってしまったら、氷などで患部を冷やしましょう。

もし湿疹などできて痛みがあれば、病院で見てもらうほうが無難です。

シャンプーは痛みがあるなしにかかわらず、ゴシゴシしないでやさしく洗いましょう。