美容師が答える抜け毛とシャンプー

MENU

美容師が答える抜け毛とシャンプーの関係

AGAでの抜け毛とわかっているならの話

 AGA抑制するシャンプーでなければ効果はでません。
 市販のシャンプーは医薬品ではないので 使用することによりすぐに抜け毛が急速に増えたり減ったりすることはないと思います。

 

 

市販のシャンプーでも増えたり減ったり感じる理由

 増えたり減ったりを感じるのはシャンプー・トリートメントの中に含まれる質感を左右する成分が理由です。

ボリュームダウン用やくせ毛用 しっとり さらさら などのネーミングは そうさせる成分が含まれているためです。 

自分に合わない質感を選べば  ぺたっとして薄く感じたり さらさらすぎて薄く感じたりすると思います。

 

特に質感の明記がなくても 商品により使い心地が違うので これは合うけどこれは駄目なんてことがあるのでしょうね。

 

 

 

浮浪者でも髪がふさふさの方に清潔にしてないのに はげてないじゃないか!と言いたくなりませんか?

 AGA体質は遺伝のため、はげにくい人なのか意外に公園でも毎日シャンプーしてるのかもしれませんね!

 

 

 

美容師目線のヘアスタイルの質感とシャンプーの関係

シャンプーは洗うものだからなんでも一緒!
と思われる人もいるだろうけどこれは違います

 

シャンプートリートメントともに風合いってものがあるのです

美容師はシャンプーさせてもらってる時に感じることもあれば、乾かしている間に感じることもあります。
美容師として シャンプーは十年以上毎日慣れ親しんできたものです。
毎日使うものだからこそ 良い悪いがわかります。

 

よいシャンプーを使う=はげないではありません

良いシャンプーも人によって違います。
頭皮によいシャンプーと髪によいシャンプーを一緒に考えて世間で話されているため混乱してしまいます。

抜け毛薄毛には頭皮に良いシャンプーを使うべきです。
AGA対応シャンプーはもちろん頭皮に良いシャンプーです。

 

ヘアスタイルの視点から

ふんわりさせたいのに重くなるシャンプー・トリートメント

髪のボリュームを抑えたいのに膨らむシャンプー・トリートメント

など
ヘアスタイルを重要に考えれば 合わない質感のものにはストレスがつきまといます。
最近は ノンシリコンシャンプーのはやりのあとに オイルシャンプーや ラウリル硫酸塩不使用を大きく唄っているシャンプーが流行のようです。
CMでは効果効能に一切ふれず <おしゃれ> な芸能人が出演しイメージのみ伝える度合いが強いかと思います。

 

自分も薄毛が気になってきた時、市販のシャンプーしか知らなかったのでトリートメントつけないほうがふんわりハリ・コシでてる気がしてました。でも一時的なもので少し経つとぺたんとしてしまいます。
これはシャンプーでキューティクルが乱れてボリュームがでている状態。空気に触れていれば次第に整って基に戻るていうことです。
シャンプーを何を使うかが重要なんですよ。