ノンシリコンシャンプーって育毛に関係あるの?

MENU

ノンシリコンシャンプーって育毛に関係あるの?

 

育毛シャンプーは「ノンシリコンシャンプー」です

 

頭皮に膜をはれば育毛剤の邪魔をします

 

育毛シャンプーに求めるのは、頭皮を育毛する最適な環境に整えることです。シリコンが多く含まれることは
頭皮にとっては害でしかありません。

 

頭皮

 


 

美容業界ではシリコンが原因でのトラブルは少なくありません。シリコンを使い続けることで膜をはってしまい浸透を妨げることが原因です。
育毛シャンプーで育毛剤の効果を最大限にだすことが大切になります。

 

ノンシリコンは頭皮に安心・安全です

シリコン画像

 

ノンシリコンシャンプーとは シリコンが入っていないシャンプー のことです。

 

シリコンとは潤滑油をイメージして下さい。(ツルツル滑りがよくなりますね)(ジメチコン アモジメチコン PEG ジメチコノール シクロメチコン)全部シリコンのことです。

 

反対にシリコンシャンプーってあるの?

 

あります!髪の毛には強い味方です。痛んだ髪も指通り良くしてくれます。市販の1000円以下でノンシリコンの表記がなければシリコンが入っているシャンプーですね。

 

 

あれ?頭皮にはシリコンのメリットがあるのかな?

シリコン髪

 

頭皮には何もメリットはありません

 

頭皮は指通りがよくなる必要がありませんよね。
髪の毛の事だけ考えてシリコンは入っています

 

 

 

 

 

 

シリコンが入っているシャンプーを使うと薄毛になる?

コーティング

 

頭皮にはシリコンは邪魔なだけです。

 

逆にシリコンが入っているシャンプーはなんで必要なのか不思議に思いませんか?

 

美容業界では当たり前ですが、シャンプーの後ではなくてシャンプーの前にトリートメントをつけることがあります。
これはどういう時かというと、髪が痛みすぎてからまってしまう場合なんです。

 

 

ほとんどすべてのトリートメントにはシリコンが入っています。
だからトリートメントは地肌につけずに毛先にだけつけるようにするんですよ。
質の悪いシリコンが毛穴をつまらせたり、頭皮トラブルの引き金になる可能性があります。

 

 

ノンシリコンシャンプーが育毛に良い理由

 

シリコンが多いシャンプーには誤魔化しがいっぱいです

 

強すぎる洗浄力+誤魔化すための質の悪い大量のシリコン

シリコンで強い洗浄成分を誤魔化しているだけです

 

強すぎる洗浄力をごまかすためにシリコンをたくさんいれてシャンプーする時の指通リだけを良くしてごまかしています。
髪のきしみはごまかせますが、頭皮への負担が大きくなれば抜毛に影響してきます。

 

この3つだけ覚えてください

 

チエック

ラウリル硫酸・ラウレス硫酸・オレフィンスルホン酸

刺激の強い洗浄成分なので気をつける必要があります。

 

詳しくは「ラウリル硫酸がはいっているシャンプーは使うな?」

 

髪には良くないけど 脂症だから頭皮の油をしっかりとってくれるなら頭皮にはいいと思いませんか?ところがそうはいかないのです、頭皮は食器ではなく生きています。

 

詳しくは「頭はお皿じゃありません」