抜け毛の毛球を見ることで、薄毛の原因がわかるって本当?

MENU

抜け毛の毛球を見ることで、薄毛の原因がわかるって本当?

抜け毛の毛球を見たことがありますか?実はこの毛球を見ることで自然脱毛なのか?体の異常が原因の脱毛なのかがわかります

 

それって育毛をしていくうえでとても有効な見分け方なのです。

 

例えば、毛球が細くとがっていれば円形脱毛症系の抜け毛、脂っぽいと脂漏性脱毛症の可能性があるということなので、それに対して対策を立てていけばよいのです。

 

その他にも抜け毛の毛球の特徴がありますので、それを1つずつ見ていきましょう。

正常な毛球から様々な抜け毛の原因となる毛球

正常な毛球

 

正常な脱毛とは、ヘアサイクルによって一生を終えた髪の毛球は丸くこん棒のような形をしています。

 

このような毛球の抜け毛は、安心してよいでしょう。
つまり、正常な状態だということです。

 

脂漏性脱毛症やひこう性脱毛症

 

毛球の下の方に皮脂の塊のようなものが付いていたり、尻尾のようなひょろ長い繊維状のものが付いていると、ホルモンバランスの崩れや栄養不足、血行不良が原因となり抜け毛を発症している可能性が高いです。

 

脂漏性脱毛症の場合は皮脂の塊が、ひこう性脱毛症の場合は尻尾のような繊維状のものが付いています。

精神的な脱毛根

 

通常の毛球は丸みをおびていますが、精神的な脱毛根の場合は毛先が細くなっていることが多いです。

 

円形脱毛症の場合

 

円形脱毛症の場合は髪全体的に細くなっており、毛球はさらに細く針のようにとがっていたり、先に行くにつれて鉛筆を削ったような形になります。

 

悪性の円形脱毛症の場合

 

悪性の円形脱毛症や慢性化してしまっている脱毛症は、毛球に向かって萎縮を繰り返し太くなったり細くなったりします。

 

抜毛症の場合

 

抜毛症は無理に髪の毛を引っこ抜いてしまうため、毛根部に白い塊が付着していたり、曲がったりしています。

 

パーマの抜け毛の場合

 

パーマ液が毛穴に浸透し髪の毛が抜けることがあります。

 

この場合、パーマ液の作用によって毛根内部で断毛していることが考えられ、毛球ではなく途中から髪の毛が切れたような抜け毛があります。

 

縮毛矯正もありますが、縮毛矯正の場合は高温のアイロンで引っ張るためその力によって無理やり抜けた毛が多いです。この場合抜毛症の症状と似ています。

 

細くて短い抜け毛

 

髪自体が細くて抜けるときはagaが原因となり、ヘアサイクルが上手く機能していないことが考えられます。

 

この場合、血行不良も考えられるので育毛剤を使いながら、しっかり頭皮マッサージをすることで抜け毛が改善する可能性があります。

まとめ

このように抜けた毛の毛根を見ると、どのような症状で抜け毛が発生したのかがわかるようになります。抜け毛が多いと感じたらぜひ自分の毛を見直してみてください。