koko薄毛の原因第1位は栄養不足!?補給しておきたい栄養とは?

MENU

薄毛の原因第1位は栄養不足!?補給しておきたい栄養とは?

食事から摂る栄養も大切ですが、食事の場合だと消化やほかの臓器などに優先的に栄養が配られてしまい、頭皮に重要な栄養素が回ってくるのは摂取した量の約1%だとされています。

 

ですから、薄毛を発症しているなら直接それらの栄養素を頭皮に吸収させることが薄毛回復への近道です。

 

その栄養素は育毛剤に含まれています。

 

そして、直接頭皮に栄養補給したうえで日頃の栄養バランスを考えた食事内容に切り替えると良いでしょう。

薄毛に積極的に摂ってほしい栄養ベスト3

タンパク質

 

タンパク質は人が生きていくために欠かせない三大栄養素の一つですね。髪の毛や頭皮はこのたんぱく質でできています。

 

つまりタンパク質は髪の毛の材料として欠かせないものなのです。

 

タンパク質は主に2つに分けられます。

植物性タンパク質

 

植物性タンパク質主に大豆やアーモンド、落花生などに含まれているタンパク質です。その中でも特にオススメは大豆たんぱく質です。

 

大豆たんぱく質には植物性エストロゲンと呼ばれるイソフラボンが含まれています。男性の薄毛の原因は男性ホルモンが影響していますから、イソフラボンの作用で薄毛の原因となっている男性ホルモンを抑制し、さらにタンパク質が髪の毛を作ります。

 

しかし、大豆たんぱく質は動物性タンパク質よりも消化速度が遅くなります。そのため一日3食程度まめに摂取する必要があります。

 

一日そんなに食べれないと思ったらソイプロテインなどを使うと良いでしょう。

 

ソイプロテインは大豆からできているプロテインで、タンパク質以外にもビタミンやミネラルが含まれているものまであります。

 

動物性タンパク質

 

動物性タンパク質は牛乳やチーズ、肉類からとれます。人も動物ですから同じ動物性のものを摂ることで消化速度が速く、短期間でタンパク質が各機関へ分布していきます。

 

そのかわり動物性のものは、タンパク質以外にも脂質や糖分などの余計な栄養素まで含まれるため、食事が偏るとメタボ体質になりますます薄毛がひどくなる可能性があります。

 

ビタミン

 

ビタミンは五大栄養素の中の一つですね。特に薄毛の人で老けた感じになっている人はビタミンc不足です。

 

ビタミンcには活性酸素を抑制する作用があります。活性酸素が増えると皮膚の老化が早まります。頭皮も皮膚ですからその影響を受けてしまい、老化が進むと当然髪の毛も薄くなります。

 

そうならないためにもビタミンcを積極的に摂りましょう。

 

ビタミンcは最低でも一日150mg必要とされていますが、髪の毛を復活させるには3000mg以上が好ましいです。

 

なぜならこの栄養素は消化の最中に破壊されやすく、体に蓄えられるビタミンcは摂取量よりもかなり減ってしまいます。

 

そのため150mg程度の量だとすべて消化の時点でなくなってしまう可能性があります。また、それより多く摂ったつもりでも、頭皮に蓄えられるビタミンcは極わずか。一説には摂取量の1%ともいわれています。

 

積極的にビタミンcが分配されるのは生命維持に必要な臓器に優先的に配られるので、過剰気味くらいの摂取量でも構いません。

 

ちなみに10000mgとっても副作用などはほとんどないとされています。

 

また、ビタミンcは食後に摂るのが好ましいようです。ほかの食べ物の吸収に乗じて破壊をま逃れるからです。

 

その他にもエネルギーを作り出すビタミンB群、血管を強くするビタミンEなども大切です。

 

ミネラル

 

ミネラルも五大栄養素の一つですね。特にミネラルの中でも亜鉛が重要です。亜鉛は食事から意識して摂ることが少ないと思いますし、なかなかそれが含まれる食材を毎日そろえるのも大変です
,主に海鮮類に含まれています。

 

亜鉛は髪の毛の主成分であるケラチンたんぱく質合成の際に補助栄養素として重要な役割を果たします。

 

そのため亜鉛も積極的に摂っていきたいですね。

 

サプリメントなどを使うと比較的栄養補給しやすいです。

 

ただ、摂りすぎると副作用があり、胸やけや吐き気などの症状が出ますので、亜鉛に限りは一日の摂取上限を守りましょう。

 

また、ミネラルには亜鉛以外にも様々な栄養素があり、これらはタンパク質や脂質などの代謝にも必要不可欠なものです。

 

バランスよく摂るようにしましょう。

まとめ

体の中から髪の毛の生えやすい、成長しやすい体質に変えるのは食べ物です。ですからこれら栄養素が含まれる食材を選び、バランスよい食事を摂るようにしましょう。

 

もし、食べ物からすべてをまかないきれない時はサプリメントも有効活用しましょう。
最後に体の中からの改善も大切ですが、直接頭皮に栄養を送ることを忘れずに育毛剤は使うようにしましょう